JavaScript対応ブラウザで表示してください。
topics

4月2015

完成しました! オリジナルビール

お知らせ





オリジナルビール「オールドロックベストビター」が完成し、樽詰めされました。
入荷は6日以降になります。

昨年のビアフェス信州2014.クラフトビールフェスティバルin松本の限定醸造でしたが、大変な人気を集めてあっという間に完売してしまいました。お客様から「また飲みたい」というリクエストを沢山頂いたので、同じレシピで今回も伊勢角屋麦酒さんで特別に醸造して頂きました。

今回は主任の浅川君と私、そしてプロデュースしてくださった株式会社ココノホップの社長の采女さんとビアフェス信州の時にお手伝いをしてくださったボランティアの田中さんの四人で伊勢角屋さんに伺い醸造を体験させて頂きました。




まずは3種類の大麦麦芽のみを用意し粉砕機に入れて荒く砕き、仕込み塔へ入れていきます。荒く砕くことで、雑味のない綺麗な味になりますが、麦汁はあまり取れなくなるとの事ですでにこの時点で贅沢!に造っているそうです…







そしてお湯の中に投入された麦芽から甘〜い香りが漂ってきます。この香りはなんとも言えない美味しい香り…もうテンションが上がってしまいました。
麦汁が出来るまでの時間、ブルワーの金沢さんにペールエールの出来立てを試飲させて頂きました。
更にテンションはうなぎ登り!!!

ほんとに美味しかったです〜

そして自然の味わいで綺麗な甘さの麦汁の一番麦汁だけを濾過して煮沸釜へ移していきます。
この時、濁った麦汁を入れないためにパイプ中にあるゲージ窓を真剣に見つめる金沢さんに…かっこいい〜♡と思ってしまいました。狭いブルワリーの中をテキパキと動き回る金沢さんの仕事振り…こうやって丹精込めて造られるからクラフトビールは美味しいんだなぁと改めて思いました。
作業の合間には各工程のご説明くださったり、更に…「はい次はこれをやりましょう〜」みたいな感じ…
私達は完全に工場見学の小学生みたいに目を輝かせ、わっくわっくしてビール造りを体験させて頂きました!




贅沢に絞った麦汁を煮沸釜に入れ、しっかり計量した2種類のホップを二回に分けて投入しました。この2種類のホップ、香りが全然違いビックリしました!
そしてホップを投入した麦汁は、さっきまでの甘い香りをガラッと変えとってもホッピーな香りになります。またビックリしました…



人間ができるのはここまで、あとは発酵タンクに移して酵母がビールを造ってくださいます…
頑張れ酵母!と叫びたくなります。

こちらは違うタンクで発酵中のビール…酵母さんプクプクと頑張って働いてました(笑)




今回ビール造りを体験させて頂き感じた事は

「もう…たまらなく楽しい〜〜」

という感動です‼︎
何よりなんのトリックもなく、自然と人間の知恵が造り出す丹精込めて造られたビールにまた惚れてしまいました。

ブルワーの金沢さん、伊勢角屋麦酒さん、プロデュースしてくださった采女さん、そして自然に頑張って働いてくれた酵母さん(笑)に心より感謝申し上げます。

オールドロックベストビター
Coming Soon〜

皆様お楽しみに!


オマケ…
伊勢角屋麦酒さんの職場は、整理整頓されながらも、思わずニコッとしてしまうようなユニークさも…

楽しい職場だから、次々に楽しくて美味しいビールが送り出されるのですね〜